2006年05月31日

レース観戦 U

帰り、温泉に寄って帰ろうって話ししてて、会場を出て少ししたら
この辺りではちょっと名の知れてる温泉地の標識が。

ちょっと相談して、そこへ行くことに。

・・・しかし、辿り着くまでが大変でしたあせあせ(飛び散る汗)

急に細い道になって、対向車が来たらすれ違えない道が延々と
続いて。
しかも、片方は、下の方に川が流れてる。
きっと、私が運転してたら恐くて前に進めなかったと思うたらーっ(汗)

しばらく運転して(幸い対向車は一台しか来なかった。私たちの後ろ
にも車は来なかったけど・・・)、やっとその細い道を抜け出して
舗装された道路へ。

ところが、去年の台風の影響がまだ響いてて、通行止めだらけ・・・

どこを走れば良いんだ!って状態。
でも、今更来た道を戻る事は出来ないし。。。


何度も行ったり来たりしながら、やっと目的地に到着しました。
車から出て、立ち寄りの温泉に向かう途中、彼が
「あ、○○だ!」
って。
一緒にレースに出てた仲間の一人が車で通り過ぎました。
私と彼で、思いっきり手を振ったんだけど、気が付いていないのか
そのまま走り去ってしまって。。。
(後で他の人に聞いたのですが、その人は私たちに気が付いてた
ようです。笑)

それから、別々に温泉に入って。
冷え切ってた身体が暖まりました。

そして、帰る方向に車を走らせると、山道ながら道路が広くなった
から、運転交代ぴかぴか(新しい)
30分くらいは、山道の運転の練習が出来ました。

そして運転してる時、メールの着信音が。
観戦途中、寒くて車の中で暖を取ってた時に、例の年下の人に
メールを送ってたんだけど、その返信でした。
うーん、メール読みたい・・・って思いながらもそのまま運転。

そして、車通りの多くなる道の手前まで来て、そろそろ運転を
変わってもらった方が良いな・・・って思いながら信号待ちを
してるときになにげなく右の方向を見たら、なんとそこに、
私が以前から行きたかったお店が!!!
早速彼に言うと、彼も私が行きたがってたって覚えててくれて、
寄り道をすることに(笑)

そのお店はインテリアショップで、2人でしばらくの間店内を
ウロウロ。
そして、車に戻って、ここからは彼に運転してもらうから、私は
助手席へ。
彼、車に乗り込む前にメールを打ってたから、その間私は車内で
さっきから気になってたメールを読んでて。

そうしてたら、彼が乗り込んで来ました。
そして、軽くキス。

車を走らせて、私が「ご飯どうする?」って聞いたら、彼
「ごめん、今日は約束が・・・」って。
ああ、彼女さんだってピンと来ました。
・・・って言うか、彼からしばらく時間取れないって聞いてからも
話し聞いてると、彼はずっと彼女さんにつきっきりになってるって
感じじゃなかったから、一体どうなってるんだろ・・・なんて
思ってたよ。

そして、彼の部屋に荷物を下ろして、私が運転出来る場所まで
彼の運転で送ってもらって。

別れる時、彼が抱きしめて来て、キス。
ここって、ちょっと人が多いし、知ってる人達も来てそうな場所
だったから、私はちょっと控えめにしてました。。。
いつもだったら、ギュって抱きしめ返すんだけどね。

以前だったら、彼女さんにこれから会うんだって思ったらやりきれない
思いだったけど、この日は(って言うか、最近は)冷静な自分が
居ます。
半年くらい前だったら、こんな自分信じれないよ。
posted by cherry at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 彼とのその後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。